低カロリー低脂肪でも要注意!

ヨーグルトといってもいろいろなタイプがありますが、食べ過ぎてしまうとカロリーなどを摂り過ぎてしまう場合があります。

そのため、現在販売されているヨーグルトの中には低カロリーや低脂肪などと書かれているタイプがありますし、普段から摂取カロリーや脂肪分などを気にしている方は低カロリーや低脂肪などと書かれているタイプが向いています。

しかし、低カロリーや低脂肪などと書かれているタイプとしても、一度に食べる量や回数などが多くなってしまうとカロリーや脂肪分などの摂り過ぎになってしまう可能性があるので注意が必要です。

そして、普段ヨーグルトは冷蔵庫に入れて冷やして保存しますし、食べる時は冷たい状態で食べることが多いですが、一度にたくさん食べ過ぎてしまうとお腹を冷やしてしまったり身体が冷えてしまう恐れもあります。

そのほかにも、離乳食などとして赤ちゃんにヨーグルトを食べさせる際には、欲しがるからといって与えすぎてしまうと食べ過ぎになってしまう場合がありますし、ヨーグルトの中でも甘みとして砂糖などが入っているタイプを赤ちゃんがたくさん食べてしまうと内臓に負担をかけ過ぎてしまう恐れもあります。

そのため、大人と同じヨーグルトを赤ちゃんに食べさせる場合は、砂糖不使用や甘さ控えめのタイプなどで食べ過ぎないように少量が小分けになっているものを選ぶことが大切ですし、赤ちゃん用に作られているものを食べさせることも有効です。

Copyright (C) 2015 こんなに凄かった!ヨーグルトに秘められた効果 All Rights Reserved.