食べ過ぎは腸にガスが溜まり、おならが増える

ヨーグルトには整腸作用があり、便秘の解消や体質改善などに良いとされています。しかし、ヨーグルトを継続して取り始めてからおならの出る回数が増えたと言う人もいます。

おならは、食べたものが体内で分解された際に発生するガスと食事の際に口から食べ物をとるときに一緒に口から体内に入った空気です。食べたものによって分解される際に発生するガスの臭いなどが異なり、肉質のタンパク質や脂質の場合には臭いが強く、お米などの炭水化物の場合には弱いとされています。

体調などによっても回数や臭いは変化します。腸内環境が良くない時や精神的なストレスを抱えているときなどには強い影響があります。ヨーグルトには整腸作用があり、腸の調子を整えたいとき乳酸菌が善玉菌を増やして腸内バランスを整えることができますが、全ての人がヨーグルトで改善されるということではありません。

自分が持っている乳酸菌の型と摂取したヨーグルトの乳酸菌の型が合わないということがあったり、摂取量が適切でないと、乳酸菌が異常発酵を起こしてガスが発生し頻繁に出るようになってしまうのです。その際に生きた乳酸菌が死滅するとおならの臭いが強くなるのです。

腸内環境を整えるためには食物繊維の摂取も大切です。食物繊維もガスを発生させるもとになり、ヨーグルトと一緒にたくさんとっていると同じように回数や臭いを増す原因となることがあります。どちらも摂取することは体に良いことですが、とり過ぎると良くありません。自分の体調をみながら摂取する量を調整することが大切です。

Copyright (C) 2015 こんなに凄かった!ヨーグルトに秘められた効果 All Rights Reserved.