ヨーグルトは朝食後のデザートに最適

ヨーグルトとは、乳に乳酸菌や酵母を混ぜ、発酵して作る発酵食品のことです。使われる乳は、牛乳や水牛や羊、山羊の乳を使います。乳酸菌で発酵させ、ヨーグルトにすると保存性が良くなるため、世界各国で相当する食品が作られています。塩味で煮込み料理やソースなどに使われたり、デザートとして食べられたりしています。

腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やして腸内環境を整える作用を持ち便秘を解消する、免疫を高める効果もあるため花粉症などのアレルギーの発症を抑える効果や、生活習慣病を予防する効果などがあるとされています。

そんなヨーグルトは、朝食後に食べることがおすすめです。朝食の前に食べると、胃酸で乳酸菌が腸まで届きにくくなってしまいます。そうならないためにも、朝食後にデザートとして食べるのがベストだとされています。

それでも、食前に食べたい場合には果物などを軽く食べるだけで胃酸が薄まるため、少しでも良いので朝食を口にしてからヨーグルトを食べることでしっかり腸まで乳酸菌が届きます。

朝食べると便秘の改善におすすめですが、夜に食べるとヨーグルトに含まれるカルシウムによるリラックス効果、骨の形成の促進、お酒の後に食べれば整腸作用によって肝臓への負担が減り、二日酔いの防止などの効果もあるのです。

また、ダイエットを行う場合には、食前にグラス一杯食べることで満腹感を得て、食事の量を減らして減量に繋げる、温めて食べることでお腹を冷やさず壊さないなどの様々な食べ方をすることができる食材です。

Copyright (C) 2015 こんなに凄かった!ヨーグルトに秘められた効果 All Rights Reserved.