乳酸菌以外の栄養面も魅力

花粉症は体内で起きる過剰な抗原抗体反応が原因で引き起こされます。抗原である花粉が体内に入るとそれを駆除するようにヘルパーT細胞からB細胞に対して命令が送られ、IgE抗体が生成されます。そして花粉と結びつくことで、抗原抗体反応が起こり目のかゆみやくしゃみといった症状が出るのです。

重度の花粉症の人の場合、IgE抗体が生成されすぎているという問題があります。IgE抗体の生成に影響を及ぼしているのは生成の命令を送っているヘルパーT細胞ですが、このヘルパーT細胞にはTh1細胞とTh2細胞の2種類が存在します。

この2種類の細胞は敵対関係にあり通常力関係が拮抗しており、その様な状況ではIgE抗体を生成する命令はあまり出されません。しかし、体調不良などが原因でこの2種類の細胞の力関係が崩れ、Th2細胞が優勢となった時にはIgE抗体を生成する命令が激しく送られることになるのです。

従って、花粉症の症状を緩和させるためには体内を健康な状態に保ち、Th1細胞とTh2細胞の理想的なバランスを維持しておくことが大切であると言えます。

また、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の内、Th1細胞とTH2細胞のバランスを理想的なものに整える効果を有した乳酸菌も存在します。L-92乳酸菌はその代表格であり、L-92乳酸菌を配合したヨーグルトや健康食品を続けて摂取すると花粉症の症状を抑えることに繋がります。

ただ、ヨーグルトから摂取できる乳酸菌の量には限りがあるので、大きな効果を求めるのならやはりL-92乳酸菌などのヘルパーT細胞のバランスを整える効果を持つ乳酸菌が大量に詰め込まれたサプリメントやドリンクが良いでしょう。

Copyright (C) 2015 こんなに凄かった!ヨーグルトに秘められた効果 All Rights Reserved.